トップ > 経営理念 ・ ご挨拶 ・ 沿革

経営理念
経営理念
ご挨拶
 日昭電気は、昭和22年に当時の丸ビル内で創業し、今日まで電気設備工事を基盤事業として内容の充実に努めてまいりました。

 当社は伝統的に「徹底したサービスをお客様に提供すること」をモットーとしてまいりました。今日では時代の急速な変化に伴ってお客様からのご要望も多様な拡がりを見せております。当社ではそれに応える形で様々な分野に活動を拡げ、特にスマートソリューション・環境関連分野に大きく力を注ぎ、本業の電気工事に限らず多くの柱で全体を支える事業体制になっております。

 環境に優しいビル管理システムの開発と施工、太陽光発電・LED・エコシルフィの販売と施工、世界最高速ラベラーの開発製造、照明器具などのネット販売、青山・表参道などでのビルテナント事業、本業の電気工事業におきましても世界トップクラスのお客様からの直接受注など、それぞれの分野で競争力を持って全体の高収益体制を形成していきます。

 今後とも各分野がお互いに競い合い、また同時に助け合っていくことで相乗効果を発揮し、さらに上を目指していきたいと考えております。
代表取締役社長

池田 秀基

沿革
昭和22年1月16日 元取締役会長池田栄一が東京都麹町区丸の内2丁目2番地に
日昭電気株式会社創設、業務を開始する
昭和22年9月 本社を東京都港区北青山2丁目7番8号に移転する
昭和25年 池田栄一、日本電設工業会 設立にともない理事・技術委員長に就任
昭和37年4月 富士営業所開設
昭和39年12月 大阪支店開設
昭和40年 池田栄一、建設大臣表彰、藍綬褒章受章
昭和43年6月 板橋出張所開設
昭和43年7月 資本金40,000千円に増資する
昭和45年2月 代表取締役社長池田栄一 取締役会長に就任
代表取締役副社長池田健次郎 代表取締役社長に就任
昭和48年10月 協力会社16社で日友会 設立
昭和48年11月 池田栄一、勲二等瑞宝章受章
昭和55年 池田栄一、電気設備学会 初代会長に就任
昭和56年10月 本社にコンピューターを導入
昭和58年4月 SE部(電子機器及びその応用システム業務)を発足
昭和62年 中華人民共和国から研修生を受け入れ
平成元年4月 資本金90,000千円に増資する 割当先 第一勧業銀行
平成元年6月 本社を東京都港区北青山2丁目12番5号に移転する
平成元年10月 河口湖に保養所 開設
平成2年2月 大蔵省認可により私募債発行
平成2年4月 渋谷出張所開設
平成2年10月 久我山独身寮 落成
平成2年11月 代表取締役副社長池田秀基 代表取締役社長に就任
平成3年9月 資本金116,250千円に増資する 割当先 中小企業投資育成株式会社
平成4年8月 安全衛生委員会 発足
平成6年2月 本社を東京都港区北青山2丁目11番9号に移転する
平成9年4月 SK課(システム開発)を発足
平成10年2月 本社を東京都港区北青山2丁目10番29号に移転する
平成12年4月 ランプ販売を開始する
平成16年2月 資本金99,000千円に減資する
平成16年9月 エコシルフィ製造メーカー北上電設工業㈱と総代理店契約
平成16年11月 インターネットショップ Lampstore.jp 開設
平成19年1月 60周年記念事業を行う(本社屋上にて緑化事業を行う)
平成19年4月 エコ事業部を発足
平成20年10月 品川営業所開設
平成25年6月 自社所有 旭市第一太陽光発電所(995.0kW)連系開始
平成26年4月 自社所有 旭市第二太陽光発電所(1996.8kW)連系開始
平成26年8月 自社所有 河口湖町太陽光発電所(1178.0kW)連系開始
平成27年3月 自社所有 市原市第一太陽光発電所(1099.9kW)連系開始
平成28年1月 自社所有 匝瑳市内山太陽光発電所(1099.9kW)連系開始
平成28年2月 自社所有 山武郡芝山町太陽光発電所(700.0kW)連系開始
平成28年5月 自社所有 市原第二太陽光発電所(1100.0kW)連系開始
平成28年9月 株式会社カスタム電気工事を完全子会社化
平成29年6月 横川電機株式会社、横川コントロール株式会社を完全子会社化
平成29年7月 自社所有 稲敷市蒲ケ山太陽光発電所(1995.0kW)連系開始